シャンティランカ・アーユルヴェーダ

スリランカ南部のアーユルヴェーダ・リゾートを運営し、そこで技術を学んだセラピストによる施術が受けられると評判のサロン。

 

どのコースも最初に白湯をコップ1杯飲んでからスタートする。
舌や脈、問診表をチェックして、セラピストがオイルのタイプを選ぶ。
今回はヘッドとレッグの「パート別セラピー」を30分ずつ受けてみた。

 

ヘッドセラピーでは手のひら全体でオイルを浸透させながら、こするように頭皮を刺激していく。
座位スタイルで受ける為、首や肩もほぐされる。
こりのひどいところには有効なオイルを使用。
施術もさることながら、オイルの力も効果に作用すると実感。

 

他にも、アーユルヴェーダ式経路マッサージやシロダーラなど豊富なコースが用意されている。

 

問診の結果、レッグセラピーではヴァータオイルを使用。
焙煎していないセサミオイルに薬草をふんだんに入れて、銅鍋で1週間煎じてつくったもの。
スリランカから取り寄せたオイルも販売している。

 

部屋の四隅には水晶で結界をつくり、常に空間を浄化しているという。
奥にはブッダと教典が祀られている。
スリランカでは施術前に祭壇でお祈りをするそう。
ベッドは薬木(コホンバ)でつくられたスリランカ製。

 

 

サロン名 シャンティランカ・アーユルヴェーダ
住所 大阪府大阪市北区南森町2-3-29 ハイマート南森町207
TEL

06-6314-3346
0120-979-584( サロン予約)

営業時間

10:30〜19:00

 

関連ページ

カイラリジャパン
アジアをテーマにした天然温泉のスパ施設「ヒーリングヴィラ印西」の別棟にある「カイラリジャパン」。独立したヴィラタイプの個室がメニューに合わせて5つあり、カウンセリングから施術まで完全に自分だけのスペースで受けられる。
アーユルヴェーダサロン アーユシャ
アーユルヴェーダの聖地といわれるスリランカ。「アーユシャ」は、現地ドクターの指導を受けたセラピストによる施術が受けられるサロンだ。施術の流れも、使用するハーブも本場そのもの。木で作られたベッドも、ハーバルスチームも現地と同じ本格派。
ラ・マル
京王線代田橋駅から短い商店街を抜け、住宅街を進むと「ラ・マル」にたどり着く。治療家、高橋栄津子さんが一人一人の体と真剣に向かい合い、心と体の調和をはかるべく、その人に合った施術を行う治療院だ。
アーユルヴェーディック・ヒーリングサロン・シャーンティ
アビヤンガの後、腰痛に効果的というカティバスティを体験。小麦粉を水で溶いたものをこねて腰の上に土手をつくり、中に温めたオイルをゆっくりと入れる。
スパ&エステティック ラ・シェール
神戸のウォーターフロントに誕生したホテル「ラ・スイート神戸ハーバーランド」。ホテル内にある女性専用スパ&エステティックサロン「ラ・シェール」は、光・水・植物がコンセプト。